2009年01月30日

帰りたくても帰れない??

神様は私に任地に帰って欲しくないのでしょうか?

前回のブログではおとといタブビルへ帰り、そこから陸路で任地のキウンガに帰るという話をしました。
予定通り11時にPOMのジャクソン空港へ行き、チェックインを済ませてタブビル行きの飛行機を待っていました。
出発予定時刻は1時。予定通りに来たことなどないので気長に待つことにしました。
空港に今日本人は私しかいないはずなのに、突然日本語で話しかけられました。
その方はソロモンで博物館を作っているらしく、パプア第二の都市Laeに行く途中だそうです。
2時間近くその方とお話をし、そちらの飛行機のほうが先に来てしまって出発していってしまいました。

さすがに痺れを切らしまだ来ないのかと聞いてみると、あと1時間くらいしたら来るとのこと。
その言葉通り待合室で待つこと4時間、ようやくタブビル行きの飛行機がやってきました。

これでやっと帰れると思っていたら、飛び立ってから1時間後くらいに機長からなにやら放送が入りました。
正直私には聞き取ることが出来ず、どうもライトニングとかトゥモローとか言っています。
何のことかなと思っていると、急に飛行機が旋回し始めました。
どうも下の風景を見る限りはジャクソン空港に引き返しているようです。
まさか、と思っていると1時間後くらいに無事ジャクソン空港に帰ってきました。
降りてからスッチーに何があったのか聞いてみると、タブビルの天気が良くないらしく引き返したとの事。

今日はもうだめだから明日改めて飛ぶ事になってしまいました。
本来なら私はJICAのドミトリーがあるのでそこに泊まらなければいけないのですが、そこは日本人特権を利用させてもらい、高級ホテルを用意してもらいました。
もちろんすべてAirlines PNG持ち。

Lamana Hotel1.JPG Lamana Hotel2.JPG

ラマナホテルというところで、ここはおそらくパプア2、3番目のホテルだと思います。
一泊K500=約20,000円以上するパプアでは破格の値段ですね。
泊まっている人も、パプア人のかなりのビックマンと白人ばかりでした。
ちなみに夕食はK50まで出してもらえるそうで、もちろんギリギリいっぱい使わせてもらいました。
この日はラム肉のチーズドリアを食べました。もちろんコーヒー、デザート付きで。

夜は併設してあるゴールドクラブというバーに行きました。
ここのセキュリティーのイサックとは実は少し知り合いで、彼を捕まえてずっと話をしていました。
彼はパプアのバスケットボール代表選手としてオーストラリアにも行ったことがあり、今年はフランスに行くことが目標だそうです。
決して身長が高いわけではありませんが、スリーポイントシューターとして活躍しているそうです。
2時間くらいイサックと話をし、寝ることにしました。

さらに驚くのはここからです。
翌日チェックアウトして1時のフライトに合わせて再びジャクソン空港に向かいました。
もちろん時間通りに来るはずは無く、気長に待つこと3時間、放送が入り「タブビル行きの飛行機はキャンセルされました」と。
タブビルにいるI隊員に電話で聞いても天候はすこぶる良好、結局なぜ飛ばなかったのかは全く分かりませんでしたが…

ということで昨日のホテルに出戻り、もう一泊しました。
ちなみに夕食はバラマンディー(魚)のムニエルレモン風味を選びました。
翌日のフライトは朝6時発を予定していたのですぐに就寝。朝3時のモーニングコールで起こされました。
まだ暗いうちに(というより深夜)三度目のチェックインをし、ようやく飛行機に乗ることが出来たのが9時、タブビルに着いたのが12時過ぎでした。

帰る2日前になってキウンガ空港の陥没、タブビル行きの飛行機が途中で引き返し2日も立ち往生することになってしまいました。
何か呪われてないか心配になるくらいタイミングが良すぎますよね…
明日のPMV(バス)は大丈夫なのでしょうか?

というよりそろそろキウンガに帰らないと授業が始まってしまいます。
どうも噂によると前校長と新校長でゴタゴタがあるらしく、学校が大変なことになっているそうです。

その辺の話はまた次回!
posted by ゆく at 21:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。