2009年04月08日

恐怖の帰省が始まります

school finished.JPG school finished 2.JPG school finished 4.JPG

前回のブログでも触れましたが、今私の学校には水が来ていません。
ある先生はWater Crisisだと言っていましたが、まぁその通りです。
と言うわけで急遽、金曜日をもって今学期が終了しました。

え?と思うかもしれませんが終了です。
本当ならあと1週間あって、そこでテストをやったり課題を出したりする先生はたくさんいたでしょう。
それが放課後になってフラッとやってきた教育長の一言で、すべてキャンセルになってしまいました。
私も今度行う研究授業の練習をしたりアンケートを取ったりと、いろいろ予定を立てていたのですが、すべて無くなってしまいました。

いや〜それにしても納得いかないです。
確かに水が流れていないからトイレもすごい有様だし、シャワーだって浴びられないかもしれない。
でもかといって学校が終わり実家に帰っても水道がある村なんて一つも無いでしょ?

トイレだって鶏小屋の近くに3メートルくらい穴を掘ってトイレを作ったじゃないですか。
村に帰ればそれがスタンダードスタイルです。
シャワーだっていつもは川に飛び込むだけでしょ?
それに1週間授業を犠牲にして何が変わるの?

school finished 3.JPG

とまぁ文句はたくさんありますが終わったものは仕方ないです。
そもそも生徒達は金曜日の午後にすでに村に帰っていまいましたし…
今学期終了の連絡を聞いてたったの2時間でドミトリーの荷物を片付け、学校のトラックを使って去っていきました。
ってかいつからそんなに早く行動できるようになったんだ?

ちなみに写真の彼らはニングルムという村出身で、この状態でこれから約2時間かけて、70km離れた村に帰ります。
振り落とされないのかと、痔にならないのか心配です。
posted by ゆく at 20:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。