2009年07月19日

パプアニューギニア大学

UPNG lesson 1.JPG UPNG lesson 2.JPG

パプアニューギニアには大学がいくつかありますが、その中でも最高峰といわれている言わばパプアの東大がパプアニューギニア大学(University of Papua New Guinea (UPNG))です。
今回UPNGで日本語を教えていらっしゃるSV(シニア海外ボランティア)のJさんのご協力で、私たち理数科分科会はUPNGで講義をすることができました。
テーマは「生徒を動かすアクティビティー型授業展開法」です。
聞こえはかっこいいですが、要するに講義型の授業ではなくて生徒参加型の授業を行うというものです。

UPNG lesson 3.JPG UPNG lesson 4.JPG UPNG lesson 5.JPG

隊員がコンピューター、数学、理科、環境の分野に分かれ、それぞれの授業でどのようにアクティビティーを導入すると効果的か、という一例を挙げる形で講義を行いました。
それぞれの内容は省略しますが、最高峰のUPNGの生徒といえどもこれまで受けてきた授業にはない形式だったという感想をもらいました。
ちなみにPNGの教育は今改変の時期入っておりnew OBE(Outcome Based Education)というものが昨年から導入されました。
そこでうたわれているのが生徒中心の授業展開をするというものです。
教師の質が伴っていないPNGではまだ早いという批判もありますが、教員は比較的前向きに考えているようです。
そのような背景もあって効果的なイベントができたのではないかと思います。

UPNG lesson 6.JPG UPNG lesson 7.JPG UPNG lesson 8.JPG UPNG lesson 9.JPG

授業は比較的順調に終わり、午後は日本文化紹介会をステージで行いました。
内容は武道、日本クイズ、よさこいソーランで、時間がなかったこともありJICAフェスティバルで行ったものをそのまま持ってきました。
武道、ソーランはまだよかったのですが、日本クイズは正直失敗でした。
日本の大学生もそうだと思いますが、実際に参加するよりも見ているだけの方が大多数です。
結局参加してくれたのは15人くらいしかいませんでした。これは次回への反省材料ですね…

終わったあとにまだ正式ではないですが、大学関係者からインディペンデンスデーのイベントでまた踊ってもらえないかと依頼がありました。
もしかしたらリベンジの機会がもらえるかもしれませんね。


話は変わりますが、先日学校でいつも通り数学の授業をしていました。
そこで先週ポートモレスビーに行ってきたという話をしたら、生徒に「知ってるよ。テレビに映っていたから。」と言われました。
というのも、先日のJICAフェスティバルの時にパプアの国営テレビEm TVが取材に来ていて私も映っていたそうです。ちょっとびっくりでした。
posted by ゆく at 12:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。