2009年08月31日

ウミガメvsジュゴン(食べ比べ勝負)

私が住んでいるウェスタン州の南ダルという町では昔からタンパク源として海産物を食べていました。
ダルはオーストラリア側の海に面しており、バラマンディーなどの海産物が豊富なのです。
中でもウミガメとジュゴンの肉は貴重なタンパク源として重宝され、今でもほとんど毎日マーケットに並ぶほど盛んに食べられているそうです。
以前からダル出身の先生に、もしこれらの珍しい肉が手には入ったら譲ってくれと話していました。
そこで今回この貴重な肉をご調味させて頂く運びとなったのです。

Tuetle vs dugong 1.JPG Tuetle vs dugong 2.JPG

まずはウミガメです。残念ながらどこの肉かは分かりませんが、脂身の少ない赤身です。
ずっと前に紹介したワニと同じく、ハ虫類はやっぱり臭いがきついため、今回はシチューにしてみました。
ビーンズやイモと一緒に普通よりも少し長めに煮てみました。
味はまぁまぁいける。ちょっとレバーに似た臭みがありますが牛のようなスジや固さのない独特の食感です。
やっぱりだんだん臭いが気になってきてしまい、たくさんは食べられないものですがいけます。

Tuetle vs dugong 3.JPG Tuetle vs dugong 4.JPG

次にジュゴンです。きれいなピンク色をしていて、見た目からしてかなり美味しそう。
この肉はパプア人にも非常に人気で、この量(約1kg)でK30(約1000円)くらいするそうです。
村人にとっては異常なくらい高級な食材ですが、マーケットに出てもすぐに売れてしまい手に入れることが難しいとのこと。
せっかくの貴重な肉なので、隣町タブビルの隊員にもお裾分けを持って行きました。

Farewell party of Mr K 1.jpg Farewell party of Mr K 2.jpg Farewell party of Mr K 3.jpg Farewell party of Mr I.JPG Farewell party of Ms Y.JPG

この日はK隊員のフェアウェル、I隊員の誕生日、Yさんの奥様の一時帰国送別会の合同パーティーです。
それに合わせて、タブビル高校から生徒がダンスを披露しに来てくれました。
前列真ん中の生徒の母親がサモア出身だそうで、サモアダンスです。
ちなみに集合写真手前二人はタブビル高校のフィリピン人教師エスペランザ夫婦です。
奥さんは妊娠8ヶ月にもかかわらず、パンプキンスープとカレーを作ってきてくださいました。

パーティー後は、Yさんの奥さんが作ってくださった誕生日ケーキと私が持ってきたジュゴンで二次会です。
ジュゴン肉は、味はどことなく牛に似ていますが、食感は弾力があるのに柔らかい非常に美味しい肉でした。パプア人にも人気があるのが頷けます。
posted by ゆく at 22:46| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。