2010年02月26日

マダン旅行

Madang 1.JPG

マッドマンとの記念写真です。facebookの顔にしようか悩み中…

すでに新学期が始まって1ヶ月が経とうとしていますが、1月下旬にマダン旅行に行ってきました。
実は、私はマダンに行くのは2回目なんです。(パプア・リゾート巡りマダン編参照)
前回は完全に個人的な旅行でしたが、今回はガイドとして行ってきました。
少し話はずれますが、私たち青年海外協力隊には、「任国外旅行」という制度があり、私の場合は任期中20日間、これからの隊員は年間20日(次年繰り越し10日可)任国外の国に旅行に行くことが出来ます。もちろん自費です。
今回はパラオから3人の隊員がパプアに遊びに来るということで、たまたま私にお声がかかりました。
というのも、パプアは他の国と比べて少し特別で、名実ともに犯罪が多く、パプアに着いた瞬間から出国まで隊員のアテンドがないとJICAから承認されないのです。

Madang 2.JPG Madang 3.JPG

ガイドと言いつつも、私もかなり楽しむことが出来ました。
写真はマダンから車で1時間ほど山に入った、ハヤ村という村の小学校です。といっても村から歩いて1時間半くらいかかります。
右の写真、白Tシャツの男性がヘッドマスター(校長)です。ポートモレスビー近く出身だそうで、最近覚えた彼らの言葉モツ語でご挨拶。アドライナ・モナ〜

Madang 4.JPG Madang 5.JPG Madang 6.JPG Madang 7.JPG

ハヤ村は、観光客でもパプア人の生活を生で体験できる、数少ない村の中の一つです。
宿泊もでき、今回は1泊させてもらいました。
芝生もきれいに整えられ、アコモデーションもパプアの村から考えると非常に考えられています。
ただ、家主のサチコさん(自称)はきちんと英語が話せるので問題ありませんが、ほかの村人はシャイだからという理由であまり使いません。

この村のいいところは、シンシン(踊り)を見せてくれる所です。
ほとんどのパプア人はシンシンが出来ますが、意外にも観光用に行っているところは少ないのです。
あまり多くはないそうですが、お願いすると本物のコスチュームを着せてくれるそうです。
興味本位で男性が着替えているところをのぞきに行きました。
服を脱がされ、木の皮でできたフンドシを巻かれ、全身には赤いパームヤシやココナッツオイル、木の実などを混ぜた伝統的な赤い着色料を塗られ数々の葉っぱで装飾されました。

気がついたらこうなってました…

Madang 8.JPG

それから日が暮れるまで1時間以上、汗とココナッツオイルまみれになりながら踊り続けました。
最後に前も紹介した巨大な「ラピュタの木」の前でジャンプ!

Madang 9.JPG
posted by ゆく at 19:50| Comment(5) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。