2010年05月26日

タブビル最後の旅


Tabubil Last 1.JPG Tabubil Last 2.JPG Tabubil Last 3.JPG

キウンガから約130km北に行くと、鉱山の町タブビルがあります。
今はSVのYさん一人任地となってしまっていますが、過去には3人の隊員が派遣されました。
鉱山会社OTMLの圧倒的な経済力によって全て管理された人口の町です。
酒、ビートルナッツの持ち込みが厳しく制限され、24時間セキュリティーがゲートに待機し、鉱山会社の許可無くしてお店を開くことはおろか、バスの立ち入りまでが禁止されている町です。


そういえば、2010/5/17(だったかな?間違っていたらゴメンナサイ…)の朝日新聞の一面にタブビルのPollutionの記事が載ったそうです。
数週間前に記者とカメラマンの方がキウンガに来ていたのでその方々の記事でしょう。
魚の専門家Yさん曰く、魚の分類が間違っているそうですが…


タブビルには、インターネットを借りに、野菜を買いに、美味しい食事を食べに、涼しい気候で体を休めに何度も通ったものです。
数えてみると計15回以上もお世話になりました。
赴任した頃は片道4時間の道のりを、しかもパプア人との相乗りバスには肉体的にも嗅覚的にもつらかったのを覚えています。
人間の体は何にでも慣れてしまうもので、今となっては何も苦に感じなくなってしまいました。
来るか来ないか分からないバスを5時間待っても耐えられるようになりました。
人間の体ってスゴイですね。日本では役に立たない能力ですが…。バスも電車も絶対来ますからね。(笑)

Tabubil Last 4.JPG Tabubil Last 5.JPG

そんなタブビルも今回が最後です。
Yさんが会員であるゴルフクラブのテーブルをわざわざ予約までして下さり、ささやかなお祝いを頂きました。
1時間近く待って出てきたメインのFilletステーキに手を付けて、3人とも固まってしまいました。
「うまいっ!!!」
パプアらしからぬmedium rareの最高の焼き加減、ステーキにベーコンを巻くオシャレさ、そして肉の柔らかさ、どれをとっても100点満点です。

仲の良かったメリーがいなくなってしまっていたので、おそらく従業員やシェフを一新したのでしょう。
大満足のディナーでした。Yさん本当にありがとうございました。
残りの任期も体に気をつけて頑張って下さい。
奥様と一緒に、いつか日本で会える日を楽しみにしています。
posted by ゆく at 09:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。