2009年01月01日

大波乱のバニモ旅行



パプアは年末が学年の変わる時期で、この時期には長期休暇があります。私もそれを利用してバニモというパプアの北西にある町へ旅行に行ってきました。

vanimo 1.JPG vanimo 2.JPG

私が活動しているキウンガは熱帯雨林のど真ん中にあり海を見ることができません。それに比べてバニモは南太平洋に面した海の町です。私の活動先のWestern Provinceは鉱山で潤っていますが、ここは木材の輸出で潤っているそうです。オーストラリア人は旅行者以外ほとんどいなく、インドネシアやフィリピンなどのアジア人が多いです。そのためアジア人の顔に見慣れているパプア人が多く、町を歩いていてもあまりじろじろ見られることはありません。
ちなみにキウンガで私が歩いているとものすごいじろじろ見られます。時々子供に泣かれちゃったりします…。彼らにとって私は宇宙人を見るようなものなのかもしれませんね。

私はバニモでゆっくりする予定だったのですが、到着後すぐにトラブルが発生。今回タブビルからMAFという航空会社を使って来たのですが、帰りの飛行機が予約されてない。当然出発前に帰りの便の予約を取ってから来たのですが、手違いで取れていなかったようです。パプアで揉まれている私はここではあまり驚きませんでした。ですが、いざ改めて予約を取ろうとすると、3週間先まで空いてないとのこと。日本だと当然航空会社の責任を問うことが出来ますが、この国はそういう追求自体無駄です。
いつもだと日本人だと言うことを主張し、遊びにパプアに来ているのではないと強く言うと動いてくれることもあるのですが、今回はそういうわけにも行かず、MAFは諦めざるをえなくなってしまいました。他にもOk Tedi鉱山会社がチャーターした飛行機に乗せてもらおうとするなど色々なことをしましたが、結局全部ダメでした。つまり着いたはいいけど帰れないという最悪の状況です。

結論から言うと一緒に来たSV(シニア海外ボランティア)のYさんはパプア独特のビックマン制度でMAFの1席を強引に確保し、無事に帰ることが出来ました。そしてJOCV(青年海外協力隊)の私とS隊員は一度首都ポートモレスビー(POM)に上がり、それからキウンガ行きの飛行機を確保する作戦に出ました。ちなみにPOMはパプアの南東にあり、バニモは北西です。つまり日本と同じ国土を持つパプアを完全に1周するルートです。当然金額も半端じゃありません…。(K1,980=約80,000円)それでも他に帰る道が無いので仕方ないです。そして私は二度とMAFを使わないことを神に誓いました(笑)。

と言うわけで私は今JICAのドミトリーにいます。余談になりますが、実はパプアのドミトリーは家賃の高騰を理由に最近引越ししました。以前のような絶景ではないですが高級別荘のようなところです。と言うのもこういう所でないと、セキュリティーがしっかりしていないので仕方ないのです。これほどしっかりしていてもドミ内で不可解な事件も発生しているようですけど。本当に安心させてくれない国です。

vanimo 3.JPG vanimo 4.JPG vanimo 5.JPG

話を戻します。バニモには一応予定通り1週間滞在し、色々なところを見てきました。海に囲まれたバニモの町は、生活ももちろん海を中心にしています。埋め立てられたところなどほとんどなく、長い砂浜がひたすらつながっています。今回は波が高く行くことは出来ませんでしたが、右の写真の私の後ろには無人島があり手漕ぎボートで渡ることができるそうです。

vanimo 6.JPG vanimo 7.JPG vanimo 8.JPG

それからバニモの一番の特徴は国境の町だということです。パプアニューギニアはニューギニア島の東半分をメインにしています。西半分はインドネシアの領地で、唯一きちんとした道と国境があるのがこの町なのです。国境と言うことで真ん中の写真のようなイカツい警官もいました。その後ナゼか私達の車に乗り込んできたのですが…。左の写真がパプアとインドネシアとの国境です。どうせちょっと線が引いてあるだけだと思ったらしっかりした門があったので驚きました。ちなみに西ニューギニア島への立ち入りはJICA規定では禁止です。



vanimo 10.JPG vanimo 9.JPG vanimo 11.JPG

ここはバニモの町から30分くらい車で来たところにある村です。ここはサーフィンで有名らしく、世界大会も行われたらしいです。この日もかなりの大波が来ていました。そんな海へダイブ。今まで体験したことの無い波のパワーに圧倒されっぱなしでした。その後は近くの川でワスワスです。2mくらい深さがあり完全に透き通っているきれいな水ですが、心臓が止まるかと思うほど冷たかったです。

vanimo 13.JPG vanimo 12.JPG

クリスマスシーズンということでホテルもお店もイルミネーションがされています。レストランは味も値段も満足のいくものでしたが、部屋は…まぁ値段相応でしょうか。(一泊K180=約7,000円)右は今回一緒に旅行したメンバーです。左からSVのYさん、JVのS隊員、バニモのF隊員、私です。この時写真を撮ってくれた従業員が焦らしてなかなか撮ってくれなかったので一同大爆笑です。

以上タダでは終わらないパプア国内旅行でした。
posted by ゆく at 16:18| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
A HAPPY NEW YEAR♪
いつの間にか2009年ですねvv今年も、ネット上ですがよろしくお願いします☆☆
そしてパプア国内旅行お疲れ様(笑)
Posted by Y at 2009年01月02日 00:58
あっ!!すいません。『Y』は俺です(笑)
Posted by ユーイチロ at 2009年01月02日 01:05
ゆっくんがだんだん現地の人に
見えてきたwww

日本から応援してるぜ!
Posted by taku at 2009年01月02日 01:44
あけましておめでとう!
今年もよろしく(笑)
Posted by ゆく at 2009年01月03日 20:45
たくろー
ありがとね〜
今年はもっと現地人になるよ!
Posted by ゆく at 2009年01月03日 20:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。