2009年01月14日

盗難未遂事件!


パプアには首都ポートモレスビー(POM)にジャクソン空港という国際空港があります。
この空港は日本のODA(政府開発援助)によって建てられたものだそうで、建物の中にはところどころ日本語の案内板が貼ってあります。
この話はそんなジャクソン空港での出来事です。

先日私はPOMに滞在していました。一度任地キウンガへ帰るためにジャクソン空港へ行き、Airline PNGという航空会社の窓口へチェックインしようとしていました。
この空港には何故かX線検査場が2ヶ所あります。一つは日本にもある搭乗前の検査で、もう一つはなぜかチェックインカウンターに入る前にあります。
事件は最初の検査場で起きました。

私はリュックとカバンを持っていたので当然それらをX線検査機へ流し、その後ポケットに入っていた財布もかごに入れて流しました。
そして出口で荷物をすべて受け取り、チェックインに向かおうとしたとき、そういえば財布が出てきていないことに気が付きました。
間違いなく出てきた荷物はすべて受け取ったので、私の財布は出てきていません。
そのことを出口の係員に言うと知らないとの事。
「お前らいい加減にしろよ!」的なことを強く言っていると、X線検査機の裏からこっそり検査員のパプア人が出てきました。
その彼の手には私の財布が…。

「どこにあったんだ?」と尋ねてもゴニョゴニョと言い訳している。どうやら彼は私が検査装置にいれた直後に私の財布だけ抜き取ったようです。
すぐに気が付いたから良かったものの、危ないところでした。

場所が空港ということもあり、私も少し油断したのもいけなかったですね。
本当にパプア人がする仕事は信用することが出来ないですね。
posted by ゆく at 20:46| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
誕生日おめでと♪♪
未遂で済んでよかったね。。。怖いもんだ…空港といえども…
Posted by ゆーいちろ at 2009年01月14日 23:46
ゆうちゃん
ありがと!よく覚えてたね!
俺も忘れてたくらいだったのに…
Posted by ゆく at 2009年01月18日 15:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。