2009年04月17日

秘密の洞窟探検

cave 1.JPG cave 2.JPG cave 3.JPG cave 4.JPG cave 5.jpg

私の任地キウンガから北に130km、タブビルからok tedi(オクテディ)川を渡り車で険しい道を登ること1時間、ok ma(オクマ)という村からさらに車で15分ほど行ったところから徒歩でブッシュの中を1時間歩いたところにそれはあります。
これまでok ma村の人間しか出入りすることの許されなかった洞窟に特別に入れてもらうことができました。

cave 6.jpg cave 7.JPG cave 8.JPG cave 9.JPG cave 10.JPG

この洞窟は川が長い年月をかけて岩を削ったことによってできた物で、中には大量の水が流れています。
入り口から流れが激しく、洞窟に入るのに泳いでいかないと入れません。
中に入るとしばらくの間は外からの光があるのですが、途中からは真っ暗になってしまうのでロウソクの明かりを頼りに進んでいきます。
胸まで水につかりながら進んでいくので時々消えてしまったりしますが…

cave 11.JPG cave 12.JPG cave 13.JPG

巨大な岩や落ちてくる水によって削られた洞穴などを見て、さらに奥まで進んでいきます。
すると、突然太陽の光が入ってくる所に出ます。
ここも徐々に削られていってひょうたんのような形になったのだと思いますが、信じられないくらい幻想的な空間でした。

cave 14.JPG cave 15.JPG cave 16.JPG

そして最後に滝です。10mくらい上から降ってくる滝の勢いで深い滝壺ができています。
5mくらい潜ったのですが、全然下が見えないくらい深いです。
しかも岸壁は削れてツルツルになってしまっているので、掴まるところが無いのです。

cave 18.JPG cave 19.JPG

そして来た道を戻って帰ってきました。
合計で2時間半くらいの探検でしたが、この洞窟は日本のように整備された物ではなく、自然のそのままの姿です。
途中人間が入ってはいけないところに来てしまったような気持ちにさせられました。それくらい幻想的な空間なのです。
他にもいくつか洞窟があるという情報をもらったので、今度行ってみたいと思います。

今回は防水カメラなどの限定があり、あまりきれいな写真を撮れませんでしたが、ぼけているところは心で感じてみて下さい(笑)
posted by ゆく at 10:17| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なんか貴重な体験してるね。
だいぶんワイルドになった感じがするよ。
坊主も似合ってるじゃん。
原住民化してきてるね。
日本に帰って会うのが楽しみだね。
Posted by ぶっち at 2009年04月18日 01:35
うちはそれくらいしかする事ないからねぇ…
そうそうそっちのLTTEの話はこっちの新聞にも載ってるよ!
ぶっちも楽しそうじゃん☆
ブログ読んでるよ。
Posted by ゆく at 2009年04月18日 20:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。