2009年07月07日

POMにやってきました

パプアニューギニアは地理的にかなり特殊な国です。
というのも、空路は日本以上に発達していて、主要な市、町には空港が必ずあります。
ですが、陸路が全く発達していません。首都ポートモレスビー(POM)からはどの都市にも道がないですし、山の方のハイウェイは危なくて通行禁止になっています。
そういう事情もあって、国内旅行もさることながら、隊員が集まる会議ですら大変な状況です。

meeting 1.JPG

今回は隊員総会と安全対策協議会を行うことが主な行事で、JICAボランティアが全員上京してきました。
隊員総会はドミトリー管理などの問題、安対は文字通り安全対策についてです。
ちなみに秘密ではないので書きますが、今年はJICA関係でパプアが犯罪被害率世界1位でした。

JICA festa 1.JPG JICA festa 2.JPG JICA festa 3.JPG

それに併せて、隊員が集まったこの機会にJICAフェスティバルというものも開催しました。
これは、この国の人たちに日本人についてや、JICAについて知ってもらう事を目的に開催しました。
会場はPNGEIというところで、小学校の先生の研修を行うところということもあり私も何度か足を運んだことのある場所でした。
内容は、前半それぞれの職種に分かれてブースを担当し、後半ステージで歌やダンスの披露をしました。
私たち理数科分科会は、べっこう飴と浮沈紙を作り配布しました。べっこう飴はただ砂糖を溶かして固めただけのものなのですが、子供達から大人気でした。


ステージ企画では、私たち20年度1次隊でケツメイシの涙を歌い、その後よさこいソーラン、上を向いて歩こう(ピジン語)、世界に一つだけの花を歌いました。

実は今、飛行機まで時間がないのでまた改めてアップします。
それではまた。
posted by ゆく at 08:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。