2009年08月03日

カリキュラム開発評価局

DOE 2.JPG

今回は私が非常にお世話になっているJICAの宣伝です。

私は青年海外協力隊としてパプアニューギニアに来ています。
正確に言うと、JICA(Japan International Corporation Agency)という団体が日本の政府開発援助(Official Development Assistance(ODA))を使って各種ボランティアを派遣している中の一つの、青年海外協力隊(Japan Oversea Corporation Volunteer(JOCV))として来ているわけです。
今日はその中でも政府開発援助(ODA)について紹介しようと思います。

DOE 6.JPG

日本はODAを使ってこの国にもたくさんのものを作りました。
大きなものでは首都ポートモレスビーにある国際空港ジャクソン空港も、円借款というODAの一環として作られました。
他にもいろいろあるのですが、今回はカリキュラム開発評価局を紹介します。
カリキュラム開発評価局はその名の通りカリキュラムを開発するところで、パプアの教育省に属しています。

DOE 1.JPG

先日首都へ上京した際に、私たち理数科教師が訪問させて頂く機会をもつことができました。
ここへは代々日本人の専門家やシニア海外ボランティアの方が派遣されていることもあり、日本に対する意識が非常に高い場所です。
しかも、建物自体も日本が建て、中にいる職員の中にもスカラシップや技術研修などで日本に行ったことのある人も多いのです。
ただでさえ反日感情を持っている人間がいないこの国で、そういった背景があるので今回特別にお邪魔させて頂く経緯になりました。

DOE 3.JPG DOE 4.JPG DOE 5.JPG

といっても決して遊びに来たわけではなく、パプアの教育事情やこれからの方針について講義を交えながらディスカッションしました。
私たちボランティアは現場で働いておきながら、恥ずかしながらこういった背景を全く知らなかったので非常に勉強になったのと、これからの活動に重要な情報を仕入れることができました。

DOE 7.JPG DOE 8.JPG

他にもここではJICAの「テレビを用いた遠隔教育プロジェクト」が入っており、非常に立派なスタジオ、編集機械があります。
パプアの国営テレビEmTVで毎日モデルティーチャーによる授業が行われています。
これも日本のODAで行われているものです。

こういった地道な活動が日本の国益に繋がっているのですね。
今日はそんな私の活動外の紹介でした。
posted by ゆく at 19:56| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
過去3回の日記を今読ませてもらったけど…

ただ学校で授業してるだけじゃないんだね!!

ソーランの写真とかなんか金八思い出してかっこよがったぞvv

ちなみに…

俺は只今、夏休みまっただ中です♪
Posted by ゆーいちろ at 2009年08月03日 22:39
ゆうちゃん
おう!読んでくれてありがとね!

授業してるだけじゃないのは日本も一緒だよ。
たぶん日本の方が仕事は多いと思うよ。

そっか今夏休みなんだ!
そういう感覚すっかり無くなっちゃった…
Posted by ゆく at 2009年08月04日 19:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。