2010年03月21日

同期の帰国

今更ですが、私はJOCVの20年度1次隊として派遣されています。
駒ヶ根の訓練所からは約220人の同期達が世界の途上国へ旅立っていきました。
毎年1次隊の中には、私のような一般の隊員の他に、現職教員の方達もいます。
彼らは身分を学校に残したまま、派遣のような形で参加しています。

通常JOCVの任期は任国に着いた日から2年ですが、彼ら現職教員は1年9ヶ月です。
というのも、日本の学校は4月から始まってしまい、その時期までには帰らなくてはいけない特殊な事情のためです。
そこで、来年度の学校に備え、明日(3/22)が現職教員の帰国、任期満了日となっています。
ここパプアニューギニアからも、1名の現職教員の方が今日帰国の途につきました。
駒ヶ根訓練所からの関係で、任地も隣同士、同じ理数科教師隊員だったIさん。本当にお疲れ様でした。

教育実習以外現場の経験のない私に、現場のことを本当にたくさん教えて頂きました。
毎回私がタブビルに行くたびに、学校のこと、パプアニューギニアのことなど朝3時くらいまで熱い議論を交わしましたね。
日本の教育現場を知っている現職教員が近くにいることは私にとって非常に幸福でした。
パプアから帰ってすぐ、4月から授業というのは信じられないくらい大変だと思います。
これからも変わらないIさんで頑張ってください。

Farewell Party for Dr I 2.JPG Farewell Party for Dr I 3.JPG Farewell Party for Dr I 8.JPG Farewell Party for Dr I 11.JPG

さて、そのIさんの任地タブビルでのフェアウェルパーティーの様子を紹介します。
最近は恒例にもなってきたタブビル高校の生徒によるダンスですが、今回もお願いしました。
それに加えて、Iさんの生徒達約40人も料理片手に駆けつけてくれました。

Farewell Party for Dr I 1.JPG Farewell Party for Dr I 4.JPG Farewell Party for Dr I 5.JPG

私たち日本人もピザ、おにぎり約120コを用意しました。
生徒達も、サンドイッチ、フライドライス、チキン、ケーキなどを持ってきてくれて、予想以上の盛大なパーティーになりました。

Farewell Party for Dr I 6.JPG

先月出産を終え、2日前にフィリピンから帰ってきたばかりのミセス・エスペランザも参加してくれました。
赤ちゃんはビザが取れなかったので、後日旦那さんがフィリピンまで迎えに行くそうです。

パーティーの最後には生徒からサプライズで大きなケーキのプレゼントです。

Farewell Party for Dr I 9.JPG Farewell Party for Dr I 7.JPG

“Arigato for all the knowledge being imparted”「たくさんの知識を”ありがとう”」と書いてありました。

Farewell Party for Dr I 10.JPG

明日は19年度4次隊が帰国し、私たち20年度1次隊が一番古い隊次になります。
すなわち、それはあと3ヶ月で帰国だということを意味します。
あまりパプアでやり残したということもありませんが、残り3ヶ月の”PNG生活”も楽しんで過ごしたいと思います。
posted by ゆく at 20:52| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ゆく様

はじめまして。
ブログを拝見してメールしました、
愛知県国際交流協会の水谷みゆきと申します。

ただいま、当協会では、2005年愛知万博の参加出展国を
テーマにした国際理解教育教材を作成しております。
つきましては、今年度パプアニューギニア教材を作成するに当たり、
ぜひともゆく様のブログから
お写真を使わせていただけないでしょうか?

◆使わせていただきたいお写真
・ラピュタの木の前で男の子がジャンプしている写真

お手数おかけしますが、メールにてお早めにご連絡いただけると幸いです。
よろしくお願いいたします。

愛知県国際交流協会 水谷
Posted by 水谷みゆき at 2010年03月26日 14:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。