2010年04月30日

固定電話の異常な請求額!


今更ですが、私の家は幸運なことにインターネットが使えます。
と言っても昔懐かしいISDN回線で、ピ〜ヒョロヒョロ〜という音から始まります。
プロバイダーは日本で契約してきたのですが、固定電話の電話線はこちらの電話会社“Telikom PNG”との契約です。
この会社は半民半官で、ストックの半分をパプアニューギニア政府が保有していると、この間の新聞に書いてありました。



さて、話は1年以上も前にさかのぼります。
私は、キウンガに赴任してからこの会社に電話線を家に繋いでもらえるように交渉していました。
アプリケーションフォームを出すところまではすんなり進み、こちらで開設したBSP(Bank of South Pacific)銀行のstatementまで提出させられました。


余談ですが、こちらの銀行には通帳が無く、入金や残高を確認するときはキャッシュカードで下ろしたときのレシートを見るか、このstatementをもらうしかありません。しかも手数料K10(約300円)も取られます。
言ってしまえばこれが出納を調べる唯一の手段です。


ただ電話の契約をするだけなのに、何のためにそこまで出さなくてはいけないのか疑問が残りますが、言われたら仕方ありません。
私のお金事情がばれてしまいますが、提出しました。
ちなみに自動引き落としではありません。(そんなことしたら何されるか分かったもんじゃないですから…)
あとはPOMの本部からの返信を待つだけだからと彼らは言いました。

ここでおとなしく待っていてはこの国では何も起こりません。
Lazyな彼らの尻に火を付け、直接私がPOMの本部に電話して催促します。
思えば、英語で相手に怒るということをここで初体験したような気がします。
「何で俺がお前に電話しなきゃいけないんだ?俺はcustomerだ!仕事しないなら払ったfeeを返せ!」
みたいなことをしばしば郵便局の裏の小さなオフィスで叫んでいた気がします。
その甲斐あって奇跡的に、申請から8ヶ月後に家に電話線が引かれることとなりました。



数々の努力が実り、時々使えなくなることもありますが家でインターネットという隊員にとって最高の贅沢をさせてもらっています。
33kbps程度ですが、メールはもちろんのこと、ブログの更新もすることが出来るようになって、日々の生活をこのように紹介することが出来ています。
毎回多くの方々に読んで頂き(管理者ページで訪問者数を見ることが出来ます)、時々コメントやらメールやらをもらい非常にありがたく思っています。

yahooのトップページを開くのに長いときで10分くらいかかるスピードなので、接続時間はどうしても長くなってしまいます。
プロバイダーの契約は固定料金のunlimitedなので気にしなくていいのですが、こちらのインターネットの接続料が1時間約100円かかります。
このブログの更新だけでも1時間近くかかるので、平均すると1日1時間以上は使っている計算になるでしょう。
つまり、少なくとも\100/h×30day×12month=\36,000かかったことになります。
長いときは2時間近く使うこともあるので、かなりの額になります。

それだけではなく、日本に国際電話をかけると1分80円くらい、国内電話も1分20円近くします。
特に国際電話はたびたび登場していました。
さらに、この電話線は私だけではなく同期隊員一人、後輩隊員一人の3人で使っているので、×2.5くらいが全員を合わせた妥当な金額かと思われます。

さて合計いくらでしょうか??


そろそろ文脈で分かった方もいるかもしれませんが、請求書が来ないのです…。一回も。
もちろん住所、電話番号、その他の情報はアプリケーションフォームに記入したはずです。
私も知らん顔していたわけではありません。
月一回はオフィスへ行き、
「請求書こないよ〜?もうすぐ来るかなぁ?来月も来なかったらまた連絡するよ〜。」
と報告義務は果たしていました。
そうしないと詐欺ですからね。もちろん故意の過失ではありません。接続の時のような熱意を込めていないだけです。


そんなこんなで、請求書が来ないまま私の任期も残り2ヶ月を切り、さまざまな解約の手続きを始める次期になりました。
そこで、先日タブビルへ行ったついでにTelikom officeへ行ってきました。(キウンガは現在オフィサーすらいません…)
私「あの〜、billが来ないんですけど…。」電話番号を渡す。
オフィサー「ちょっとまってな。…おかしいな。じゃあ来月には送るよ。」
私「でも、俺来月には日本に帰っちゃうよ?」
オフィサー「そうか!じゃあ帰る前にちゃんとfinal amountを払ってな。」
私「で、で、それはいくらなの?」
オフィサー「お前の場合、現在は大体K600(2万円弱)だな。」
………

何度調べさせてもそれ以上でも以下でもないとの回答でした。
彼らがそういうのですから、これ以上こちらからは何も出来ません。
何をどう計算してその金額になったのかは分かりませんが、これで会社が成り立っている事が信じられないですね。
帰る前になったら無理矢理その金額を払って帰ることにしようと思います。
もちろん、一応は日本国民の代表として来ている身ですので、そのままスルーするようなunprofessional な事はしません。
きちんとdeal doneして帰ろうと思っています。


ちなみにこの課金制の新規契約はすでに終了し、今はプリペイド方式しか行っていません。
ケータイ、電話、電気、ガスはすべてプリペイド方式で統一されています。
というよりむしろ、そうしないと利用料を徴収できないからでしょう。
ある意味納得です。
posted by ゆく at 18:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。