2010年11月16日

PNG生活その後  最終話



パプアニューギニアから帰国し、もうすぐ5ヶ月が経とうとしています。
今考えると、つい半年前は常夏の国PNGで生活していたというのはウソのようです。

帰国直後は何を食べてもおいしく、サービスのきめ細かさに驚き、スカイツリーの大きさに唖然とし、そして外を自由に歩ける幸せを実感しました。

そんな「帰国後ショック(隊員の間ではこういう言い方をします)」もひと段落し、慣れてくると逆にあの刺激的な毎日が懐かしくもなってきます。
買い物に行くのもドキドキし、パプア人の適当さに驚かされる毎日でした。

日本に帰り、2年前とは全く違った視点、感覚で過ごしている自分がいます。
電車が10分以上来なくても何も感じなくなりました。
ニュース以外のテレビに興味が無くなりました。
日本の歴史や伝統をもっと勉強したくなりました。
世界の中の日本の位置が少し分かるようになりました。
東京駅で迷っている外国人に話しかけるようになりました。
もっといろんな国を知りたくなりました。

そして、いかに日本が普通でないかがよく分かりました。
ガラパゴスとも揶揄される島国に住む日本人は責任という美学を持ち、謙遜の心を持っています。
私もパプアでの生活でこの2点は他の国が持っていない日本の貴重な精神だと感じ、誇りに思っていました。
ただ、世界の舞台に立った時、精神に従順なあまり損をする事が多く目に付きます。

また、私も同じなので何も言えませんが、日本人は外国語(特に英語)が話せなさすぎます。
私も活動中、どうして日本人は英語が話せないんだ。
もっとお前が英語を話す事ができれば、日本人の知識と精神をもっと学べるのにと何度も言われました。
また先日、日本の高校生と、外国人の高校生とが英語で交流する所を見る機会があったのですが、言葉が通じなくて双方が黙ってしまう様子が多く見られました。
正直とても残念な気持ちになりました。私たち日本人はもっと頑張らないと世界で戦えないと気合が入った瞬間でした。

他にも、嬉しかった事がいくつかあります。

まず、姪っ子が産まれた事です。
実家では毎日情報が飛び交っています。今日は一日ご機嫌だっただのウンチが出ただの…(笑)

それから、思っていたより多くの方がこのブログに立ち寄って下さったこと。
本来は、家族や友人に生活を一手に紹介し、元気である事を伝える目的で始めたブログでしたが、協力隊に興味がある方を始め、パプアに旅行に行こうと考えている方からもメールを頂きました。
本当に嬉しく思います。
これからもお待ちしておりますので、お気軽にどうぞ。



最後に、公演や協力隊の募集説明会などに行くと大抵聞かれる事ですが、帰国後の進路です。
様々な過去を持って参加した同期達は、それぞれの道に進んでいます。

私は元々、教師になる前の経験を積む為に参加しましたが、活動中に自分が他にやりたい仕事を見つけました。
悩みましたが新しい道に進む事に決め、帰国後の就職活動の末、ある海外向けメーカーで働く事になりました。


無事帰国し進路も決まり、これで活動の全てが終了したかと思います。
そこで、この辺で「PNG生活」を締めくくらせて頂きたいと思います。

私は、これからも協力隊経験を社会に還元するボランティアなどの活動を続けていこうと思っています。
このブログを読んで下さったあなたと、どこかでお会いできる日を楽しみにしています。

それでは、最後までお付き合い頂きましてありがとうございました。

PNG生活    完
posted by ゆく at 00:18| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ゆっくん帰国して久しぶりに会った時、本当に変わったなって実感したよ。とてもいい意味でね。ありがとうって自然に言ってるゆっくんがなんだか新鮮だった(笑)それだけ、価値観の全く違う土地で、沢山の経験を積んだ結果なのかな。とても羨ましくも思ったよ。

これからも、いい意味で日本色には染まらない真っ直ぐなゆっくんでいてね。

Posted by ゆうこ at 2010年11月23日 02:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。