2009年08月31日

ウミガメvsジュゴン(食べ比べ勝負)

私が住んでいるウェスタン州の南ダルという町では昔からタンパク源として海産物を食べていました。
ダルはオーストラリア側の海に面しており、バラマンディーなどの海産物が豊富なのです。
中でもウミガメとジュゴンの肉は貴重なタンパク源として重宝され、今でもほとんど毎日マーケットに並ぶほど盛んに食べられているそうです。
以前からダル出身の先生に、もしこれらの珍しい肉が手には入ったら譲ってくれと話していました。
そこで今回この貴重な肉をご調味させて頂く運びとなったのです。

Tuetle vs dugong 1.JPG Tuetle vs dugong 2.JPG

まずはウミガメです。残念ながらどこの肉かは分かりませんが、脂身の少ない赤身です。
ずっと前に紹介したワニと同じく、ハ虫類はやっぱり臭いがきついため、今回はシチューにしてみました。
ビーンズやイモと一緒に普通よりも少し長めに煮てみました。
味はまぁまぁいける。ちょっとレバーに似た臭みがありますが牛のようなスジや固さのない独特の食感です。
やっぱりだんだん臭いが気になってきてしまい、たくさんは食べられないものですがいけます。

Tuetle vs dugong 3.JPG Tuetle vs dugong 4.JPG

次にジュゴンです。きれいなピンク色をしていて、見た目からしてかなり美味しそう。
この肉はパプア人にも非常に人気で、この量(約1kg)でK30(約1000円)くらいするそうです。
村人にとっては異常なくらい高級な食材ですが、マーケットに出てもすぐに売れてしまい手に入れることが難しいとのこと。
せっかくの貴重な肉なので、隣町タブビルの隊員にもお裾分けを持って行きました。

Farewell party of Mr K 1.jpg Farewell party of Mr K 2.jpg Farewell party of Mr K 3.jpg Farewell party of Mr I.JPG Farewell party of Ms Y.JPG

この日はK隊員のフェアウェル、I隊員の誕生日、Yさんの奥様の一時帰国送別会の合同パーティーです。
それに合わせて、タブビル高校から生徒がダンスを披露しに来てくれました。
前列真ん中の生徒の母親がサモア出身だそうで、サモアダンスです。
ちなみに集合写真手前二人はタブビル高校のフィリピン人教師エスペランザ夫婦です。
奥さんは妊娠8ヶ月にもかかわらず、パンプキンスープとカレーを作ってきてくださいました。

パーティー後は、Yさんの奥さんが作ってくださった誕生日ケーキと私が持ってきたジュゴンで二次会です。
ジュゴン肉は、味はどことなく牛に似ていますが、食感は弾力があるのに柔らかい非常に美味しい肉でした。パプア人にも人気があるのが頷けます。
posted by ゆく at 22:46| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月16日

ワークパレード

Work Parede 1.JPG Work Parede 2.JPG

私の学校では、週に3回放課後のワークパレードというものがあります。
これは主に伸びてきた芝を刈ったりゴミを拾ったりするものです。

Work Parede 3.JPG Work Parede 4.JPG Work Parede 5.JPG

日本の生徒達はサボりがちになるこの時間ですが、パプアの生徒は違います。
雑草を切れと言ったらブッシュナイフ(蛮刀)片手にバッサバッサ切り倒していきます。
勢いがついてくると、彼らは本当にブッシュナイフ一本で直径30cm位の木を切り倒してしまいます。本当にすごいんです。

ブッシュの中で生活する知恵を持っている彼らは、あんまり勉強はできないけどこういうサバイバルなスキルを持っています。
そこに木があれば切り倒して小屋を作りそこで生活できてしまうので、私たち日本人と根本的な価値観が違うのでしょうかね。
posted by ゆく at 13:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月12日

イケメンドクターにメロメロ

Injection.JPG Injection 2.JPG Injection 3.JPG

あまり活動とは関係ありませんが、先日学校にオーストラリアから研修医が来ました。
目的は献血のための血液検査と言っていましたが、生徒全員の血液を採って帰って行きました。
私たち先生も全員と言われたのですが、何をされるか分からないので私は拒否しました。
あ、ちなみにJICAボランティアは別途血液検査をしていますので大丈夫です。

この写真でも分かるかと思いますがこの研修医達がまたイケメンなのです。
ほとんど外国人のいないキウンガなのでこのイケメンドクターには女子生徒もメロメロです。
彼らは生徒をリラックスさせるために話をしながら血を採っていくのですが、みんな話が盛り上がってしまい全然前に進みません。
ケータイの番号を聞こうとする生徒すら現れる始末です。
結局この日のうちに終わらず後日もう一度来てもらう事になってしまいました。

恐るべしイケメンパワー…
posted by ゆく at 18:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月03日

カリキュラム開発評価局

DOE 2.JPG

今回は私が非常にお世話になっているJICAの宣伝です。

私は青年海外協力隊としてパプアニューギニアに来ています。
正確に言うと、JICA(Japan International Corporation Agency)という団体が日本の政府開発援助(Official Development Assistance(ODA))を使って各種ボランティアを派遣している中の一つの、青年海外協力隊(Japan Oversea Corporation Volunteer(JOCV))として来ているわけです。
今日はその中でも政府開発援助(ODA)について紹介しようと思います。

DOE 6.JPG

日本はODAを使ってこの国にもたくさんのものを作りました。
大きなものでは首都ポートモレスビーにある国際空港ジャクソン空港も、円借款というODAの一環として作られました。
他にもいろいろあるのですが、今回はカリキュラム開発評価局を紹介します。
カリキュラム開発評価局はその名の通りカリキュラムを開発するところで、パプアの教育省に属しています。

DOE 1.JPG

先日首都へ上京した際に、私たち理数科教師が訪問させて頂く機会をもつことができました。
ここへは代々日本人の専門家やシニア海外ボランティアの方が派遣されていることもあり、日本に対する意識が非常に高い場所です。
しかも、建物自体も日本が建て、中にいる職員の中にもスカラシップや技術研修などで日本に行ったことのある人も多いのです。
ただでさえ反日感情を持っている人間がいないこの国で、そういった背景があるので今回特別にお邪魔させて頂く経緯になりました。

DOE 3.JPG DOE 4.JPG DOE 5.JPG

といっても決して遊びに来たわけではなく、パプアの教育事情やこれからの方針について講義を交えながらディスカッションしました。
私たちボランティアは現場で働いておきながら、恥ずかしながらこういった背景を全く知らなかったので非常に勉強になったのと、これからの活動に重要な情報を仕入れることができました。

DOE 7.JPG DOE 8.JPG

他にもここではJICAの「テレビを用いた遠隔教育プロジェクト」が入っており、非常に立派なスタジオ、編集機械があります。
パプアの国営テレビEmTVで毎日モデルティーチャーによる授業が行われています。
これも日本のODAで行われているものです。

こういった地道な活動が日本の国益に繋がっているのですね。
今日はそんな私の活動外の紹介でした。
posted by ゆく at 19:56| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月19日

パプアニューギニア大学

UPNG lesson 1.JPG UPNG lesson 2.JPG

パプアニューギニアには大学がいくつかありますが、その中でも最高峰といわれている言わばパプアの東大がパプアニューギニア大学(University of Papua New Guinea (UPNG))です。
今回UPNGで日本語を教えていらっしゃるSV(シニア海外ボランティア)のJさんのご協力で、私たち理数科分科会はUPNGで講義をすることができました。
テーマは「生徒を動かすアクティビティー型授業展開法」です。
聞こえはかっこいいですが、要するに講義型の授業ではなくて生徒参加型の授業を行うというものです。

UPNG lesson 3.JPG UPNG lesson 4.JPG UPNG lesson 5.JPG

隊員がコンピューター、数学、理科、環境の分野に分かれ、それぞれの授業でどのようにアクティビティーを導入すると効果的か、という一例を挙げる形で講義を行いました。
それぞれの内容は省略しますが、最高峰のUPNGの生徒といえどもこれまで受けてきた授業にはない形式だったという感想をもらいました。
ちなみにPNGの教育は今改変の時期入っておりnew OBE(Outcome Based Education)というものが昨年から導入されました。
そこでうたわれているのが生徒中心の授業展開をするというものです。
教師の質が伴っていないPNGではまだ早いという批判もありますが、教員は比較的前向きに考えているようです。
そのような背景もあって効果的なイベントができたのではないかと思います。

UPNG lesson 6.JPG UPNG lesson 7.JPG UPNG lesson 8.JPG UPNG lesson 9.JPG

授業は比較的順調に終わり、午後は日本文化紹介会をステージで行いました。
内容は武道、日本クイズ、よさこいソーランで、時間がなかったこともありJICAフェスティバルで行ったものをそのまま持ってきました。
武道、ソーランはまだよかったのですが、日本クイズは正直失敗でした。
日本の大学生もそうだと思いますが、実際に参加するよりも見ているだけの方が大多数です。
結局参加してくれたのは15人くらいしかいませんでした。これは次回への反省材料ですね…

終わったあとにまだ正式ではないですが、大学関係者からインディペンデンスデーのイベントでまた踊ってもらえないかと依頼がありました。
もしかしたらリベンジの機会がもらえるかもしれませんね。


話は変わりますが、先日学校でいつも通り数学の授業をしていました。
そこで先週ポートモレスビーに行ってきたという話をしたら、生徒に「知ってるよ。テレビに映っていたから。」と言われました。
というのも、先日のJICAフェスティバルの時にパプアの国営テレビEm TVが取材に来ていて私も映っていたそうです。ちょっとびっくりでした。
posted by ゆく at 12:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月13日

JICAフェスタ

PNGの人たちにJICAについて知ってもらうとともに、私たち協力隊の活動を知ってもらう事を目的としてJICAフェスティバルというものを開催しました。

会場は以前私たち理数科教師分科会がサイエンスショーを行ったこともあるPNGEIというところです。
ここはプライマリースクールの先生を中心にインサービスを行うところで、多くの学校関係者や生徒達が参加してくれました。

JICA festival 1.JPG JICA festival 2.JPG

理数科分科会ではべっこう飴と浮沈紙というものを作り配布しました。
べっこう飴は砂糖を溶かして飴にするだけの簡単な実験で、浮沈紙はペットボトルの外から圧力をかけると中の浮きが沈んでいくという、ガリレオ温度計のようなものです。
私が担当したべっこう飴は正直てんてこ舞いで大変でした。15分くらい砂糖を熱し、その中でおとずれる10秒くらいのタイミングで急冷させないと飴のように固まってくれません。
早いと水飴になり、遅いと真っ黒焦げになってしまいます。
とは言っても子供達は失敗作も美味しそうに食べてくれましたが。

JICA festival 3.JPG JICA festival 4.JPG JICA festival 5.JPG JICA festival 6.JPG

午前中はブース企画、午後はステージで全体に向けた企画を行いました。
私はステージ企画で理数科隊員による日本クイズをし、20年度1次隊の同期でケツメイシの「涙」を歌い、有志でよさこいソーランを踊りました。
やっぱりソーランはこれくらいの人数がいるとかっこいいですね。ココポの分科会の時にも踊りましたが今回の方が断然よかったです。
他にも詩吟や武道などそれぞれの特技を生かした日本文化紹介を行い、JICAフェスティバルは大成功で幕を閉じました。

JICA festival 7.JPG JICA festival 8.JPG

当日の夕方は、私たちが宿泊しているエラビーチホテルのホールで懇親会を行いました。
そこではフェスタの感想とともに、19年度1次隊の送迎会も行いました。
私はこの二人には本当にお世話になりました。
二人とも私のいるウェスタンプロビンスで活動して、しかもピジン語が非常に上手なのです。
彼らの言葉を真似しながら私はピジン語を勉強してきました。
まだまだ教えてもらいたいことがたくさんあるのですが、無事任期満了で帰国されることになります。
お疲れ様でした。

数少ない同任地隊員が帰ってしまうと寂しくなりますが、今度来る新隊員には私が先輩隊員となって教えられるよう努力したいと思います。
posted by ゆく at 18:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月07日

POMにやってきました

パプアニューギニアは地理的にかなり特殊な国です。
というのも、空路は日本以上に発達していて、主要な市、町には空港が必ずあります。
ですが、陸路が全く発達していません。首都ポートモレスビー(POM)からはどの都市にも道がないですし、山の方のハイウェイは危なくて通行禁止になっています。
そういう事情もあって、国内旅行もさることながら、隊員が集まる会議ですら大変な状況です。

meeting 1.JPG

今回は隊員総会と安全対策協議会を行うことが主な行事で、JICAボランティアが全員上京してきました。
隊員総会はドミトリー管理などの問題、安対は文字通り安全対策についてです。
ちなみに秘密ではないので書きますが、今年はJICA関係でパプアが犯罪被害率世界1位でした。

JICA festa 1.JPG JICA festa 2.JPG JICA festa 3.JPG

それに併せて、隊員が集まったこの機会にJICAフェスティバルというものも開催しました。
これは、この国の人たちに日本人についてや、JICAについて知ってもらう事を目的に開催しました。
会場はPNGEIというところで、小学校の先生の研修を行うところということもあり私も何度か足を運んだことのある場所でした。
内容は、前半それぞれの職種に分かれてブースを担当し、後半ステージで歌やダンスの披露をしました。
私たち理数科分科会は、べっこう飴と浮沈紙を作り配布しました。べっこう飴はただ砂糖を溶かして固めただけのものなのですが、子供達から大人気でした。


ステージ企画では、私たち20年度1次隊でケツメイシの涙を歌い、その後よさこいソーラン、上を向いて歩こう(ピジン語)、世界に一つだけの花を歌いました。

実は今、飛行機まで時間がないのでまた改めてアップします。
それではまた。
posted by ゆく at 08:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月12日

コースデビューしました

Golf 0.JPG

私には一度はやってみたいというスポーツがいくつかあります。
その中の一つゴルフです。
私の任地キウンガには鉱山会社の従業員用に作られたゴルフコースがあります。
コースと行っても6ホールしかないですが…

最近仲良くなったフィリピン人の社長が教えてくれるというので行ってきました。
もちろんタダです!

初めてボールを打つのがゴルフコースなんて、なんて贅沢なのかと思いながらドライバーの第一打はこれぞビギナーズラックと言わんばかりの飛びっぷりでした。
ま、ゴルフをやったことがある人は分かると思いますが、めちゃくちゃ難しいんです。
はっきり言って狙ったところに落とすどころか、まっすぐ飛ばすことすら出来ませんでした。
ちゃんと飛んだのは最初だけですね。
ずっと野球とソフトをやってきた私には、動いているボールの方がよっぽど簡単だと思いました…

Golf 1.JPG Golf 2.JPG

おかげさまで柵越え2本、池ポチャ1本、行方不明1本の合計4つのボールを無くし、無事9ホール完走しました。
posted by ゆく at 19:21| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月04日

サイエンスクイズ

以前(結構まえ)に学校で数学クイズ大会を開催したことを紹介しました。
今回は理科クイズ大会です。
理科の先生がそれぞれ問題を持ち合って、有志の生徒で作ったチーム対抗で争います。
グレード9,10には総合理科、11,12には物理化学生物に分かれた問題を作成しました。
私は物理の問題を担当し、生徒の答えが合っているかをジャッジする審判もしました。

Science Quiz 1.JPG Science Quiz 2.JPG Science Quiz 3.JPG Science Quiz 4.JPG

とはいうもの、問題はもちろん英語。
専門の物理以外は全く答えが分からない…
単語が難しいし、口頭で読まれる問題は全く聞き取れない…
そこで解決策として事前に答えを確認しておき、さも知っているかの如くジャッジする。
これでなんとか乗り切りました。

Science Quiz 5.JPG Science Quiz 6.JPG

ちなみに金曜日の放課後に行ったサイエンスクイズですが、非常に珍しい夕立の影響で月曜日に持ち越しになってしまいました。
月曜日は会場をメスホールに移しての開催です。
ちなみに商品は参加賞がノートとペン、2,3位グループに一人K30(1200円)1位に一人K40(1600円)です。
日本ではあまり一般的ではありませんが、この国は生徒に賞品だけではなく賞金もあげます。
高いときだとK100(4000円)くらいもらえる生徒もいます。

Birthday Party 0.JPG Birthday Party 1.JPG Birthday Party 2.JPG Birthday Party 3.JPG Birthday Party 4.JPG

最後に先日隣のフィリピン人教師の娘が誕生日だったのでパーティーをしました。
初めてエレキギターを弾きました。
posted by ゆく at 19:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月29日

インドカレーパーティー

先日インド人教師フランシスの家に招待され、カレーパーティーがありました。
ちなみにフランシスは、今年から副校長に抜擢されて忙しい毎日を送っています。
また、敬虔なクリスチャンでもあり、この間聖書を読んだことがないという話をしたら2時間くらいかけて一から教えてくれました。
奥さんもインド人で、時々インドカレーをご馳走してくれます。

Home party in Mr Francis 1.JPG

この日はチキンのスープカレーと、パンの中にドライカレーを入れて焼いたようなもの、渦巻き状に巻いたナンのようなものを作ってくれました。
日本にもインド料理屋さんはたくさんありますが、本当にそこで食べるようなカレーを普段食べているそうです。
説明してもらいましたがよく分からないスパイス多数とココナッツミルクで作るカレーは本当においしいです。

Home party in Mr Francis 2.JPG Home party in Mr Francis 3.JPG

もちろんフィリピン人一家も一緒です。
食後に日本から送ってもらった柿ピーと甘栗、エビせんべいを紹介しました。
甘栗は見た目からちょっと敬遠されていました。一番人気は意外にもエビせんべいで、どうやって作るんだと聞かれ正直に知らないと答えました…
柿ピーはなぜかすごい湿気っていましたが、私は久しぶりで美味しかったです。子供にはちょっと辛かったのかな?

Injection 1.JPG Injection 2.JPG Injection 3.JPG

最後にフランシスの奥さんが働いている病院から、出張で教員の子供達向けに予防接種が行われていました。
なんの注射かと聞いたのですが、医療系の単語に弱い私には分かりませんでした。
子供の顔を見てもらうと分かりますが、とりあえず痛いことは間違いなさそうです。
posted by ゆく at 19:45| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。